PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ケーニヒス=ヴェルグ・ハイデ・バウムガルト

←[一覧へ戻る]

キャラ紹介用メッセ2017(縮小版)_ko_R

[Name]
 ケーニヒス=ヴェルグ・ハイデ・バウムガルト
 Königs-berg・Heide・Baumgardt
 ※キャストネーム・パストネーム・ファミリーネーム※
[Code:name / Main class]
 Brocade(訳:金襴・錦) / ブレイバー
[Tribe / Voice&pitch (Act)]
 キャスト・女性 / 女性C追加ボイス70 -2 (井上麻里奈 氏)
[Birthday (Age)]
 A.P.217 01/18 (24)
[Height / Weight]
 H:168cm C:178cm / H:56kg C:245kg
 ※身長はエステ内インナー状態で、体重はマイルームグッズでの計測※
 ※H→キャストオフ=非武装状態 C→アーマーオン=武装状態※

[Strengths / Weaknesses]
 鋭い観察力・巧みな話術 / 効率重視・流行りに疎い
[Hobby / Music]
 パズル&クイズ・フィットネスジム / EDM
[Family]
 無し(いた:過去形)



[Tone]
 要点を抑えたスパッとした口調。
 相対するもの全てを蔑んだ様な物言いをする。
 一人称:私 / 二人称:貴様 / 敵称:貴様

[AW sample]
・Code:name is "Brocade", Out.
 (コードネーム"Brocade"、以上)
・物証・戯言笑止千万、この"結果"が全てだ
・身をもって知ると良い
 己の"未熟さ・弱さ・無力さ"を!
・貴様には力がなかった
 他を圧倒し、万物を葬る力がな!
・手向けの一撃を――くれてやる!

[Personality]
 第一〇五番隊の冴えた交渉人。優れた観察力と巧みな話術で外部との取引で大活躍する。
 冷静沈着、粛々と任務をこなすタイプ。私情より番隊のことを考え、障害ならば一切躊躇なく行動する。表情の変化に乏しく雑談を好まない正確なため、一部の層に怖がられている。
 種族はキャストと表記されているが、正しくは半機械半人間のアンドロイド。一般的にキャストパーツと言われている装甲は、彼女のフォトンを補うために装着するパワードスーツ形式なのである。
 任務など特に何も無い時間は、一室に籠り黙々とパズルを組んだり難問を解いたりして集中力を養っている。また、籠り切ると体が鈍ってしまうので、定期的にフィットネスジムに通い汗を流している。意外に好きな音楽のジャンルはEDM、身体を動かすためのテンションアップには重いベース音とリズム感が最適だそう。
 効率を重視するあまり人付き合いはよろしくない。流行りに疎く、話をふられても人蹴りしてその場を去る。

[Background]
~部隊配属前~ 
 バウムガルト家。親兄弟の誰もが武道を嗜むが、何の変哲も無いごく一般的な家庭。その末っ子として生まれた。
 幼少期から病弱な身体だったので、兄弟と比べて武道の成績は劣っていた。家族から”出来損ない”、近隣から”あの子だけ…”と貶され非難されていた。内なるフォトンの力はそれなりにあったので、両親にアークスになるよう研修学校に送られる。これは期待を込めてではなく、邪魔なので出て行かせた意味の方が正しい。
 アークス研修生になっても、周りからの視線は冷たく、自分の居場所に迷っていた。そんな時に一人の老人研究員と出会う。彼は、”今まで自分を馬鹿にしてきた奴らを見返す力を与えよう”と直々に打診してきた。その言葉に乗ってしまった結果、体を機械にされてしまいキャストになったのである。その際に記憶から本名を消去されてしまう。
 キャストになったのを境に、その人間性が一変する。過去に自分を貶し続けてきた親兄弟、同じ研修生などに対して、冷酷な復讐を次々と実行。何時しか、”命の灯に疎い無情なキャスト”になっていた。
 正式にアークスになってからも根本的な変化は無く、過去とは違う意味で周りから距離を置かれる様になる。そこに手を伸ばしてきた一人のアークスによって、初めてグループ・チームに所属する。
 集団の中で生活・任務を行うことで、過去の自分を取り戻すことを決意した彼女。手始めに、ヒューマンであった頃の自分の名を奪い返す戦いを此処から始めたのである。

←[一覧へ戻る]

| ↑[PSO2] Chara | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リュディガー・グラッツェル

←[一覧へ戻る]

キャラ紹介用メッセ2017(縮小版)_ru_R

[Name]
 リュディガー・グラッツェル
 Rüdiger・Glatzel
 ※ファーストネーム・ファミリーネーム※
[Code:name / Main class]
 Palladium(訳:Pallasの像=Troyを護ったという像・守護) / ハンター
[Tribe / Voice&pitch (Act)]
 ヒューマン・男性 / 男性追加ボイス08 -1 (飛田展男 氏)
[Birthday (Age)]
 A.P.197 09/05 (44)
[Height / Weight]
 183cm / 76kg
 ※身長はエステ内インナー状態で、体重はマイルームグッズでの計測※
[Strengths / Weaknesses]
 長年の経験・親しみやすさ / 酔うと壊れる・腰痛持ち
[Hobby / Music]
 お酒を飲むこと・探検旅行 / Hard Rock
[Family]
 母・妻・息子・娘・養子の娘(シャイラ)



[Tone]
 温かみのある落ち着いた口調。
 任務中でも若いアークス達にアドバイスや立ち回りを惜しまず送る。
 一人称:俺 / 二人称:貴君

[AW sample]
・Code:name is "Palladium".
 進軍開始、貴君の活躍と幸運を祈る! Out!
・おお~! お前達よくやった!!
 今日は俺の驕りとしよう、遠慮はいらんぞ!
・ふむ、丁度良い機会の様だ
 お前の成長の程、拝見させてもらうとしよう
・これは驚いた、また腕を上げた様だな
 しかし今に奢れるなかれ、精進しろよ!
・いざ! 全力をもって蹂躙する!!

[Personality]
 第一〇五番隊の代表であり創設者。現在は第一線を退いて番隊の管轄作業や書類業務を主に担っており、出撃頻度は年々減少中。しかし、高難度任務では彼の長年の経験が頼りになる。
 陽気な性格で若者のノリにも着いていける。相手に年や戦功を気にせず無礼講を勧める大きな器の持ち主で、後輩アークスからの支持も高い。子供たちにも好かれ、アークス業の傍らで若夫婦を対象とした育児アドバイザーとしても活躍中。
 旧世代アークスのため現行アークスに備わっているクラス変更の柔軟性がない。アークスになった時からハンターにしか触れらておらず、若者アークスを密かに羨ましがっている。
 そんな良いオヤジの彼も酒が入るとメンドクサイ性格になる。長い昔話、おかわりの無理強いなど彼に潰された若者は数知れず……。奢ってくれるのはいいのだが、勘弁してもらいたいとの弁をよく耳にする。最近は腰の調子が悪い様子、グキッとなってしまい全く使い物にならない時がある。
 旅行で効能の良い温泉に入るのが憩いの一時、宿泊地近くの酒場で美味い飯を食するのが休日の過ごし方。番隊のメンバーが一人前のアークスになり、自分が必要になくなったらサッサと隠居してしまいたいらしい。

[Background]
~部隊配属前~ 
 若かりし頃は、自らの力に溺れていた無頼漢。力の誇示の為、気に入らないアークス相手に発破を掛けては、象徴とも言える大剣で打ち負かしていた。中には再起不能にまで貶められた者もいて、同業者から恐れられるアークスとしてその名をアークス上層部にまで知らしめる。
 転機となったのは、ある男との対戦。初めて同業者相手に膝を着いた彼は、その男に”背負うものが欠けている”と決定的な違いを教えられる。何かを背負い・護る為に戦う人が、これ程強い力を得るのかと気づかされた彼は、力に溺れていた愚かな自分を変える決意を固める。当時、孤児院生活を送っていた少女を養子として迎い入れ、家族とする。これは少女の成長過程で、”自らも何かを学び・成長していく”という彼なりの考えであった。そして、大戦で負けた”あの男”に変わった自分を見てもらうことが何時しか夢となったのであった。
 アークスとなった娘が鬼子であることから、他に馴染めず孤立化を深めていくのを危惧した彼。このままでは過去の自分の様になってしまうと考えてしまい悩む。打開策として親友や親交のあるアークスに話しを持ち掛け、独立部隊"第一〇五番隊"を創設。自分自身がその隊長・管轄として責任を負うことを決めた。自分、娘、そして友人アークス4名。この6名で新たなアークス人生をスタートさせたのである。

←[一覧へ戻る]

| ↑[PSO2] Chara | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レーゲン=ヴェルグ・アウドラ・キルシュネライト

←[一覧へ戻る]

キャラ紹介用メッセ2017(縮小版)_ra_R

[Name]
 レーゲン=ヴェルグ・アウドラ・キルシュネライト
 Ragen-berg・Audra・Kirschnereit
 ※キャストネーム・パストネーム・ファミリーネーム※
[Code:name / Main class]
 Magnum(訳:マグナム・マグナム弾) / ガンナー
[Tribe / Voice&pitch (Act)]
 キャスト・女性 / 女性C追加ボイス53 -1 (花澤香菜 氏)
[Birthday (Age)]
 A.P.221 08/23 (20)
[Height / Weight]
 H:154cm C:161cm / H:48kg C:234kg
 ※身長はエステ内インナー状態で、体重はマイルームグッズでの計測※
 ※P→キャストオフ=非武装状態 C→アーマーオン=武装状態※

[Strengths / Weaknesses]
 諦めない心・勇敢 / 多足生物がダメ・朝に弱い・大食い
[Hobby / Music]
 スポーツ・ゲーム・バイキング(食べ放題) / Alternative Rock
[Family]
 父 (ex.爺→面識はない)



[Tone]
 サバサバとした男っぽい口調。
 ハッキリとした物言いで、特に語尾が強い。
 一人称:私 / 二人称:あんた / 敵称:お前

[AW sample]
・おっと、先に伝えるのを忘れてた……
 Code:name is "Magnum" out!
・あんたも生き残っていたんだね
 帰還しようか、仲間が私達を待ってるよッ!
・<<Caution>> 総員武器を構えろッ!
 生き残りたければ、目の前の敵を葬れッ!!
・片は付いた、お前の負けだッ!!
・お前達みたいな半端者が……ッ!
 覚悟もなしに戦場へ出てくるんじゃないッ!!

[Personality]
 第一〇五番隊の切り込み隊長。ラヴィリスとは近所の幼馴染で親友。
 男っぽいサバサバした性格で、男女問わず多くの友人がいる。切り込み隊長らしく戦場では必ず一番前で戦線を押し上げ、スピードでは誰にも負けない自信を持っている。
 種族はキャストと表記されているが、正しくは半機械半人間のアンドロイド。一般的にキャストパーツと呼ばれている装甲は、戦闘時に着用するパワードスーツ。装着者に適した独自のカスタムチューニングが施されている。特徴はスピードをコントロールするため、腰に付けられた可動式のウィング。
 幼少期から異性と遊ぶことが多かったためかスポーツ全般とゲームが趣味。特にサッカー大会があれば助っ人で呼ばれることが多い。最新のゲームハードが出るならば、深夜販売する店舗があるシップに飛んでいく熱心さ。
 普段とのギャップが激しく特に朝に弱い。角に足をぶつける、壁に顔からインパクト、支離滅裂な会話など酷い。そして危険な敵には勇敢な彼女も相手が多足生物になると弱腰に。天井に張り付いて逃げたり、誰かの影に隠れるヘタレっぷり。最大の抵抗もへっぴり腰で長い棒を使って追い払うだけ、とても情けなくて人に見せられない。極め付きが大食い、番隊の食費を圧迫しているのは間違いなく彼女である。同級生でプライドの衝突が激しいシャイラとは犬猿の仲。

[Background]
~部隊配属前~ 
 ヒューマンとして生まれた彼女、母親は病弱であった為に彼女を産んだ際に他界。彼女が産まれたキルシュネライト家は、代々科学的な成果を生み世間に利益と喜びを与えてきた家系。だが当時、彼女の父と爺の対立が激しくなっていた。父側は「社会を豊かにする路線」、爺側は「ダーカーへの対抗となる兵器を作る路線」と言ったものだ。
 そんな家庭事情にも関わらず、彼女は勝気で力強い子として育ち始める。良く言えばリーダー、悪く言えば番長。そんなことから、近所の鬼子と縄張り争いと言うか喧嘩をしょっちゅう起こしていた。"喧嘩する程仲が良い"の言葉通り、直にその鬼子と親友になり、よくつるんで遊ぶようになった。
 キャストになってしまう転機は彼女が10になる時であった。突如体調が優れなくなり入院、診察後も原因がわからずに手の施しようが無かった。彼女の症状と動作を観察していく内に、父はこの症状が生き別れた妻と同じものであると気づく。このままでは妻と状況は違うが、彼女が亡くなってしまうのではないかと思い打診する。「キャストになるか?」と、それは兵器路線の爺に与するようであるが、「彼女を救うため」と善意で全うから否定。彼女も了解し半分を機械にすることでアンドロイド化、症状は収まった。結果論で言えば、この決断が今日まで彼女が生きながらえる決断となったのである。
 そして年月は経ち、今後の進路に悩んでいた頃。親友の鬼子に何か理解できないが連れ出され、なり行きで"アークス研修機関"に加入することになった。後に父に連絡はしたが、「面白いことになってるな、まっ頑張れよ!」と言われ心配損したのであった。

←[一覧へ戻る]

| ↑[PSO2] Chara | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラヴィリス・スィーニア・アッヘンヴァル

←[一覧へ戻る]

キャラ紹介用メッセ2017(縮小版)_Lav_R

[Name]
 ラヴィリス・スィーニア・アッヘンヴァル
 Lavilith・Cenia・Achenwall
 ※ファーストネーム・ミドルネーム・ファミリーネーム※
[Code:name / Main class]
 Hail(訳:あられ=霰・ひょう=氷) / ファイター
[Tribe / Voice&pitch (Act)]
 デューマン・女性 / 女性追加ボイス75 +2 (田村ゆかり 氏)
[Birthday (Age)]
 A.P.224 12/18 (17)
[Height / Weight]
 162cm / 49kg
 ※身長はエステ内インナー状態で、体重はマイルームグッズでの計測※
[Strengths / Weaknesses]
 挑戦心・呑気 / 腹黒・とても馬鹿
[Hobby / Music]
 イタズラ・ダンス全般 / Pop punk
[Family]
 父・母・弟・妹3人



[Tone]
 明るいがとても馬鹿な口調。
 ふざけた語尾を使ったり、キレると素の暴言を発する。
 一人称:アタシ / 二人称:君 / 敵称:君

[AW sample]
・Code:name is "Hail"
 まっ、別にど~でもいいけどね♪ Out!
・君さ~思ってたより良い腕だったよ
 まっ、それでもアタシには及ばないけどね!
・君たちに恨みはないけど
 これがアタシの仕事だかんね、覚悟しろッ!
・ニシシシシシ……雑魚(笑)
・アハハ……アハハハハハッ!!!

[Personality]
 第一〇五番隊最大のアウトロー。シャイラセブランとは異なる混血の鬼子。
 表向きは可愛い子ぶっているが本質は腹黒い性格の持ち主。無意識に暴言をよく発している。厄介ごとに首を突っ込んで、メンバーを巻き込みその困り顔を見て楽しんでいる。その上に変態で可愛い女の子に目が無い。後ろから抱き着いたり、ハァハァ匂いを嗅いだりする重症患者。
 鬼子とは普段眼帯などで抑え込んでいる赤色の魔眼を解放することにより力を発揮する古の種族。魔眼解放時に嫌悪・憎悪の感情に飲まれた場合人害の鬼となる。その体質のため人々から迫害の対象となってきた。最近はデューマンが種族として認可され、紛れ込むように生きている。混血の鬼子とは純血の鬼子以外を指しており、鬼化することを引き継がれつつも多様性がある。彼女の家系は"魔眼解放時の戦闘力・獰猛さが激しく、憎悪・嫌悪と言った負の感情の浸食値が高い"のが特徴。その為、眼帯に加えて魔眼に刻印を掘り二重抑制している。
 特技はダンス、ストリート・ブレイクといったアクロバティックなものを好む。アンダーグラウンドなPop Punkも好きで、ギターの腕もマズマズ。フロントマンとしてのライブパフォーマンスには定評がある。
 問題のイタズラは大規模なものからしょうもないことまで仕出かす。最近の対象はバッジ、もはや彼女のオモチャ。

[Background]
~部隊配属前~ 
 近隣から変わり者集団として見られている、アッヘンヴァル家の長女として誕生。そもそもこのアッヘンヴァル家は混血の鬼子家系であり、普通なら忌み嫌われる対象である。しかし、旧来から他種族との交流を進んで行いつつ、家系のことを理解してくれるように働きかけ続けた。その成果あり一帯地域だけではあるが、アッヘンヴァル家を偏見する者達はいなくなっていたのである。
 その為に彼女も自分の種族・混血などを考えることなくノビノビと成長することができた。興味があれば突っ込んでいき、楽しそうなことには手を出していくなど、率先して面白いことをする彼女。そうしている内に友人達のリーダーみたいになっていた。今考えれば、この頃の育ち方が後に響いてしまっているような。
 十代半ばになった時に後の進路をどうするか決めかねていた彼女。ハッキリ言えば普通に働き始めても何も面白いことが無く、面白くないと思っていた。そこで目に入ったのが"アークス"、数多の惑星に飛び立ち任務を熟(こな)していく。この仕事内容にワクワクが止まらなくなった彼女は、迷いなく「アークスになる!」と両親に伝える。即座にサムズアップを貰った彼女は目を輝かせ、親友のキャストも引っ張り出して"アークス研修機関"へと突撃した。
 こうして、お騒がせアークス"ラヴィリス"の後に語り継がれる(?)物語が幕をあげたのであった。

←[一覧へ戻る]

| ↑[PSO2] Chara | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シャイラ・グラッツェル

←[一覧へ戻る]

キャラ紹介用メッセ2017(縮小版)_sc_R

[Name]
 シャイラ・グラッツェル
 Scheila・Glatzel
 ※ファーストネーム・ファミリーネーム※
[Code:name / Main class]
 Thorn(訳:トゲ・棘) / ファイター
[Tribe / Voice&pitch (Act)]
 デューマン・女性 / 女性追加ボイス132 -1 (悠木碧 氏)
[Birthday (Age)]
 A.P.221 07/28 (20)
[Height / Weight]
 157cm / 50kg
※身長はエステ内インナー状態で、体重はマイルームグッズでの計測※
[Strengths / Weaknesses]
 率先模範・確固たる自信 / 暑さが苦手・ヘタレが嫌い
[Hobby / Music]
 けん玉・短距離走 / Alternative Rock
[Family]
 義婆・義父(リュディガー)・義母・義弟・義妹



[Tone]
 語気が強く、トゲトゲしい口調。
 自信に満ち溢れている為、頻繁に上から目線の発言をする。
 一人称:私 / 二人称:アンタ / 敵称:貴様

[AW sample]
・Code:name is "Thorn".
 馬鹿共に慈悲はいらないわ Out.
・奪われ穢された誇りを取り戻す――
 それが"Insult Reaper"たる所以!
・私に盾突く馬鹿が――
 容赦無用、慈悲など与えはしない!
・貴様等が私に敵う訳がないわ
 私は鬼子、基の素質が違うのよ"素質"が
・これ以上、貴様等に構っている暇はない!

[Personality]
 第一〇五番隊のエースアタッカー。アークスが発足するズット前から存在する純血の鬼子。
 プライド高くS気質、不機嫌オーラがよく滲み出てくる。自身の任務遂行能力・戦技を完璧と自負しているため、相手を見下す態度を頻繁にとる。特に気に入らないタイプには執拗。
 鬼子とは普段眼帯などで抑え込んでいる赤色の魔眼を解放することにより力を発揮する古の種族。魔眼解放時に嫌悪・憎悪の感情に飲まれた場合人害の鬼となる。その体質のため人々から迫害の対象となってきた。最近はデューマンが種族として認可され、紛れ込むように生きている。中でも最古くから存在する純血の鬼子は他の鬼子と比べて強大な力を秘めている。しかし、彼女は自身が純血であることを知りえていない。
 似合わないとよく言われているけん玉と、自身の脚力を生かした短距離走が特技。けん玉の腕はかなりのもので、小さな子供相手にその技を見せて優越感を得ている。
 暑さが苦手で火山エリアの散策は固くなに断っている。ネガティブ発言が多いヘタレは生きている価値が無いと言うほど。苦手を通り越して心底嫌っている。

[Background]
~部隊配属前~ 
出生データの大半が不詳。誕生した当時の時代に忌み嫌われていた鬼子(後のデューマン)であること。産まれてすぐ、何者かの手によって孤児機関に預けられていたこと。この2つの記録だけは残っている。
 時は過ぎ去り彼女が3歳になった年。当時”ならず者の大剣使い”として、同業者から恐れられていたアークス:リュディガー。彼は孤児院にシャイラを引き取ることを打診し、必死の説得の末に養子として迎える。これによりファミリーネーム="グラッツェル"を授かり、シャイラ=グラッツェルが誕生した。
 幼少期はリュディガーの養子兼弟子として、アークスでも無いのに現地へ同行し修行を行っていた。その為、年齢に増して実戦経験は豊富で一線級。
 正規のアークスとなったのは14歳の時。年齢に不釣り合いな圧倒的実力とリュディガーのコネによって、”アークス登用試験特別枠”にて受験。見事、文句なしの一発合格により正規アークスとなる。言わば、エリート枠での登用者。その為、研修生を経てからアークスに登用された者(所謂凡人)を見下すような発言・仕草をよくしてしまう。
 アークスとなったものの、鬼子を嫌う人物が多くを占めていた為、部隊・パーティに誘われることが希薄であった。そこで義父であるリュディガーが良識のある友人達を誘い・引き抜いて設立した独立部隊"第一〇五番隊"を立ち上げ、彼女はその創立メンバーとして加入したのである。そこでの活躍も目を見張り、鬼子としての戦闘力で他メンバーを驚かせる程であった。何時しか先頭に立って戦うようになり、番隊のエースの呼び名を賜ることになる。
 その後はアークス活動をする傍らで個人の目的の為にも動き始める。自分の出生の事実、家系は一体どんなものなのか。その真意を掴み取る為に記憶に全くない両親の痕跡を追い求めていく。

←[一覧へ戻る]

| ↑[PSO2] Chara | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。