PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[PSO2] リアルで2m越えの D-A.I.Sセイバー を作ってみた! ~クラフトレポート~

立ち絵メッセ2017(縮小版)0622_00_R

皆さんこんばんちわ、各地で梅雨入りBadgeでございます。
雨はできるだけ寝ている間に降っていただきたいもの。
駅まで自転車の私にとって、朝の雨は気分がブルーになってしまうので……。

前回の記事最後に登場した こちらの3人組の共通点は――

リアルクラフトのモデル」です。
気になる方は一番上のメニューバーより
「造形物」からチェックしてください。

それでは今回の製作レポート 作ったのは……。
続きからどうぞ。


立ち絵メッセ2017(縮小版)0622_01_R
立ち絵メッセ2017(縮小版)0622_02_R
立ち絵メッセ2017(縮小版)0622_03_R
立ち絵メッセ2017(縮小版)0622_04_R
立ち絵メッセ2017(縮小版)0622_05_R
立ち絵メッセ2017(縮小版)0622_06_R



それでは、はりきって参ります。

まずは、画用紙でD-A.I.Sセイバーの型紙を作ります。
画用紙を3枚ほど繋げてマジックで大まかな線を書き、少しずつ似せていきます。
大雑把に出来上がったモノが写真右側のものです。
IMG_0626_R.jpg

ここから造形作業に移ります。
今回使用するメイン材料は スタイロフォーム という断熱材です。
ホームセンターなどで簡単に入手できるものですよ。
そこに型紙からラインを映して切り出します。
IMG_0628_R.jpg

切り出したモノがコチラ、大きいので3分割構造です。
次に芯を入れていきます、芯には塩ビパイプを使用します。
しかーし、ここで1つ問題が発生。
D-A.I.Sセイバー はセンターラインに穴が2つあるデザインなので、
真ん中に芯を突き刺すことができないのです。

IMG_0629_R.jpg

なので、芯入れはこのように少し歪な形を採用しました。
手持ち部分が重さに負けないように ギリギリまで芯を通しました。
IMG_0630_R.jpg

ジョイントには塩ビパイプの穴より少し細い木の棒を使用。
ここでようやく形が見えてきました。
IMG_0631_R.jpg

ここからは表面処理です。
スタイロフォームはザラザラしており脆いです。
しかも有機塗料で溶けてしまうので、そのまま塗装もダメ。
方法は多種多様ですが、今回は「ボード紙・PPボード」で覆うことにしました。
IMG_0634_R.jpg

型紙を使ってボード紙・PPシートを切り出していき、木工ボンドで貼り付け。
木工ボンドならスタイロフォームは溶けないので安心です。
写真をみてわかる通り、強化の為にボード紙は2枚重ねです。
IMG_0635_R.jpg

刃の部分は1層目にボード紙・2層目にPPシートを使っています。
刃こぼれの恐れがあるので、ボード紙2枚重ねより強固にしています。
ここからは各所 しっかりと圧着させていきます。
IMG_0636_R.jpg

こんな感じに表面つるっと仕上がりです。
余分に出た木工ボンドを紙やすりで削ったら だいたいOKです。
IMG_0638_R.jpg

これで造形は終了です。
スタイロフォームが露出している細かい部分は、
ボード紙で覆うのは苦になりますので、ジェッソや木工ボンドでコーティングしました。
IMG_0637_R.jpg

塗装です。
下地にラッカー薄め液で溶かしたGボンドを2~3回塗って下地に。
黒をまんべんなく塗装してからグレーを塗装します、刃の部分は白ですね。
塗装が終わったら紙やすりでこすります、下地の黒が若干見えることでいい雰囲気になります。
IMG_0668_R.jpg

そして完成です、ステッカーも作って貼りつけてます。
IMG_0675_R.jpg
IMG_0676_R.jpg

思った以上のデカブツになりました。
3分割しておいてよかったです。



製作レポートは以上になります。
コチラのD-A.I.Sセイバーは新作のキャストとセットで使う構想です。
新作キャストは ただいま最終調整中なのでまた後日レポートを挙げます。

少なくとも7月15日の感謝祭 名古屋会場でお披露目できそうです。
楽しみですー('ω')























立ち絵メッセ2017(縮小版)0622_07_R
立ち絵メッセ2017(縮小版)0622_08_R
立ち絵メッセ2017(縮小版)0622_09_R

リアルクラフト関係はこの3人組を軸にこれからも更新していきます!
それでは今回はここまで、ご閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト

| [PSO2] レポート | 02:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lmlbadgelml.blog.fc2.com/tb.php/267-a9beafbd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT