PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[DDON] DDONでPSO2マイキャラを再現したら? ~リアルとトゥーンの違い~

DDONシャイラ_切り抜き_R

記念すべき一発目のDDON記事でございます。
どんなオンラインゲームでも必ずと言っても良いほど最初に通る道
"キャラクタークリエイト"通称キャラクリ。

その素体ですが、設定やら色々している中で記主の創作キャラ化した
PSO2のマイキャラをDDONでクリエイトしました。

クリエイトでわかったリアルとトゥーンクリエイトの違い・・・
続きからどうぞ。


まずDDONで複数キャラを作るにあたっての壁みたいなものをサラッとご紹介。

PSO2は"SEGA ID"単位でキャラに対する課金OP(プレミアムパスポート etc.)や
倉庫のアイテム、メセタを管理できます。複数キャラ共通です。
しかし、このDDONは"キャラクター単位"。課金コースも倉庫もキャラクター単位
なので複数の覚者(プレイキャラ)を作っても正直しんどいです。
覚者(プレイキャラ)+ポーン(従者・NPC)3体で合計4キャラは少なくとも
クリエイトできるので、時間が少ない方や課金を考えてる方は1キャラが妥当でしょう。

こういうシステムっぽいので記主もプレイキャラたる覚者の1人を誰にするか悩みました。
最終的に記主の2枚看板である"バッジ"か"シャイラ"のどちらかにしました。
まーお察しの通り、もう前面に出ていますPSO2では2ndに当たる"シャイラ"です。
バッジはPSO2で良くも悪くも目立っているので、DDONではシャイラに目立ってもらいましょう。



前置きはここまで、それでは現時点で作成した彼女らを見てみましょう。
比較SSを用意しました、左がDDON・右がPSO2の各キャラです。
ポーンに誰を選んだかの紹介や理由も記述します。

↓↓↓

シャイラ[覚者]
PSO2_DDON自キャラ比較シャイラ_R

つり目と左右非対称な目の傷・色など雰囲気は何とか再現できました。
ジョブは設定にも散々記述してあった忍者っぽい"シーカー"をチョイス。
PSO2に比べたら、少しばかりあった可愛さが影をさらに潜めてイケメンさが倍増した印象。
身長と体格やあの大きさは問題なく再現できたかなっと思います。
結論は元々カッコよさをテーマにしていたので、そこまで違和感なく完成しました。

バルトジークス(バッジ)[メインポーン1]
PSO2_DDON自キャラ比較バッジ_R

理由:2枚看板の一人なのでメインポーンにするのは必然だから。
まず一つ言えるのは、キャストを人間で再現する無茶ぶりさです。
何とか再現すべく、体色・髪は限りなく白いものをチョイス。
眼の色と顔のペイントは発色の良い水色にしました。
よく見ると体格による構え方が似ていますね、良かったです。
声の方は追加ポーンボイスにPSO2と一緒の声優さんのがあったので、
課金購入して設定しています。性格はアクティブ、雰囲気はバッチリです。
ジョブはキャスト=カチカチなので"シールドセージ"にしました。
善処はしました、再現度はボチボチですね。

ミルヴァ[メインポーン2]
PSO2_DDON自キャラ比較ミルヴァ_R

理由:魔法を使うジョブを迎えたかったので、法撃メインのこの子にしました。
PSO2での彼女は、かなーり痛くて厨二っぽいアニメ色が強い外見です。
これをリアル指向のDDONで再現は難しいです。
ならばとベースだけでも再現に挑戦。目の色は発色の良い紫色、濃いクリーム色の髪、
それなりのツインテールでまとめてドドォンと完成。
個性を上手く再現できませんでした、まー頑張りましたが・・・。
声は幼い感じの気持ちトーン高めにして、性格はクールで厨二っぽく設定。
ジョブは魔法使いでも攻撃的かつ浪漫のある"ソーサラー"。
再現度は微妙ですが、心強いポーンちゃんです。



現状は上記3人を再現しましてDDONをプレイしています。
やはりトゥーンの可愛らしくアニメ調のキャラをリアルで再現するのは難しいです。
美人やカッコイイ系統は比較的作りやすいですが、可愛いらしいロリキャラなどは
多くのコツが必要になってきそうですね。

という訳で"DDONでPSO2マイキャラを再現しました"はこちらで終わり。
また後日DDON側での設定を記述したキャラクター紹介も作る予定です。
それでは、最後までご閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト

| [DDON] レポート | 02:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lmlbadgelml.blog.fc2.com/tb.php/145-fecbfb4f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT