PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リュディガー・グラッツェル

←[一覧へ戻る]

キャラ紹介用メッセ2017(縮小版)_ru_R

[Name]
 リュディガー・グラッツェル
 Rüdiger・Glatzel
 ※ファーストネーム・ファミリーネーム※
[Code:name / Main class]
 Palladium(訳:Pallasの像=Troyを護ったという像・守護) / ハンター
[Tribe / Voice&pitch (Act)]
 ヒューマン・男性 / 男性追加ボイス08 -1 (飛田展男 氏)
[Birthday (Age)]
 A.P.197 09/05 (44)
[Height / Weight]
 183cm / 76kg
 ※身長はエステ内インナー状態で、体重はマイルームグッズでの計測※
[Strengths / Weaknesses]
 長年の経験・親しみやすさ / 酔うと壊れる・腰痛持ち
[Hobby / Music]
 お酒を飲むこと・探検旅行 / Hard Rock
[Family]
 母・妻・息子・娘・養子の娘(シャイラ)



[Tone]
 温かみのある落ち着いた口調。
 任務中でも若いアークス達にアドバイスや立ち回りを惜しまず送る。
 一人称:俺 / 二人称:貴君

[AW sample]
・Code:name is "Palladium".
 進軍開始、貴君の活躍と幸運を祈る! Out!
・おお~! お前達よくやった!!
 今日は俺の驕りとしよう、遠慮はいらんぞ!
・ふむ、丁度良い機会の様だ
 お前の成長の程、拝見させてもらうとしよう
・これは驚いた、また腕を上げた様だな
 しかし今に奢れるなかれ、精進しろよ!
・いざ! 全力をもって蹂躙する!!

[Personality]
 第一〇五番隊の代表であり創設者。現在は第一線を退いて番隊の管轄作業や書類業務を主に担っており、出撃頻度は年々減少中。しかし、高難度任務では彼の長年の経験が頼りになる。
 陽気な性格で若者のノリにも着いていける。相手に年や戦功を気にせず無礼講を勧める大きな器の持ち主で、後輩アークスからの支持も高い。子供たちにも好かれ、アークス業の傍らで若夫婦を対象とした育児アドバイザーとしても活躍中。
 旧世代アークスのため現行アークスに備わっているクラス変更の柔軟性がない。アークスになった時からハンターにしか触れらておらず、若者アークスを密かに羨ましがっている。
 そんな良いオヤジの彼も酒が入るとメンドクサイ性格になる。長い昔話、おかわりの無理強いなど彼に潰された若者は数知れず……。奢ってくれるのはいいのだが、勘弁してもらいたいとの弁をよく耳にする。最近は腰の調子が悪い様子、グキッとなってしまい全く使い物にならない時がある。
 旅行で効能の良い温泉に入るのが憩いの一時、宿泊地近くの酒場で美味い飯を食するのが休日の過ごし方。番隊のメンバーが一人前のアークスになり、自分が必要になくなったらサッサと隠居してしまいたいらしい。

[Background]
~部隊配属前~ 
 若かりし頃は、自らの力に溺れていた無頼漢。力の誇示の為、気に入らないアークス相手に発破を掛けては、象徴とも言える大剣で打ち負かしていた。中には再起不能にまで貶められた者もいて、同業者から恐れられるアークスとしてその名をアークス上層部にまで知らしめる。
 転機となったのは、ある男との対戦。初めて同業者相手に膝を着いた彼は、その男に”背負うものが欠けている”と決定的な違いを教えられる。何かを背負い・護る為に戦う人が、これ程強い力を得るのかと気づかされた彼は、力に溺れていた愚かな自分を変える決意を固める。当時、孤児院生活を送っていた少女を養子として迎い入れ、家族とする。これは少女の成長過程で、”自らも何かを学び・成長していく”という彼なりの考えであった。そして、大戦で負けた”あの男”に変わった自分を見てもらうことが何時しか夢となったのであった。
 アークスとなった娘が鬼子であることから、他に馴染めず孤立化を深めていくのを危惧した彼。このままでは過去の自分の様になってしまうと考えてしまい悩む。打開策として親友や親交のあるアークスに話しを持ち掛け、独立部隊"第一〇五番隊"を創設。自分自身がその隊長・管轄として責任を負うことを決めた。自分、娘、そして友人アークス4名。この6名で新たなアークス人生をスタートさせたのである。

←[一覧へ戻る]
スポンサーサイト

| ↑[PSO2] Chara | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lmlbadgelml.blog.fc2.com/tb.php/109-4bbc14bc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT